ドメーヌ・ド・バロナーク 2014

明澄さと輝きのある外観。

気品あふれる優美な香り。レモンやオーベピーヌ(西洋サンザシ)の香りを主体とし、洋梨のアロマが交ざり合います。

とりわけ上質でバランスの良いアタック。

味わいの中盤では、ボリューム感と粘性の高さを感じさせ、そしてみずみずしい風味が広がります。

アロマ表現は極めて複雑で、ミネラル感やバターを思わせる風味、芳ばしい樽香、柑橘系果実やアーモンド、ヘーゼルナッツのアロマが立ち上がります。

余韻も長く、洗練された後味のワインです。

2014

ドメーヌ・ド・バロナーク 2014

アッサンブラージュ 100% シャルドネ

樽内育成 40% 新樽
40% 1 回使用樽
20% 2 回使用樽

テイスティングコメント

明澄さと輝きのある外観。

気品あふれる優美な香り。レモンやオーベピーヌ(西洋サンザシ)の香りを主体とし、洋梨のアロマが交ざり合います。

とりわけ上質でバランスの良いアタック。

味わいの中盤では、ボリューム感と粘性の高さを感じさせ、そしてみずみずしい風味が広がります。

アロマ表現は極めて複雑で、ミネラル感やバターを思わせる風味、芳ばしい樽香、柑橘系果実やアーモンド、ヘーゼルナッツのアロマが立ち上がります。

余韻も長く、洗練された後味のワインです。

2014年は極めて暖かい冬から始まり、年始3ヶ月の平均気温は平年値を2度ほど上回っています。

結果、萌芽は早めに進み、平年より10日ほど早い、3月15日に始まりました。

4月は雨が多く暖かく、5月および6月は涼しく乾燥した月となりました。

花の時期は5月26日から6月6日にかけて、平年比2日ほど早めに進みました。

7月および8月はかなり涼しく、定期的に降雨がありました。

着色はドメーヌにおける通常の日程で進み、7月27日に始まり8月10日に完了しています。

9月は暑い日が続きました。ブドウ果実はゆっくりと熟度を高め、衛生状態も健全な成熟を見せました。

シャルドネの区画では、良好な天候条件のもと、平年比1週間ほど遅れて収穫を迎えました。

CLOSE
CLOSE