ル・シャルドネ ドメーヌ・ド・バロナーク 2012

輝きのある光沢を持つ、高い明澄度のある外観。

複雑な濃い香り。白花系のブーケを感じさせ、エアレーションによってコリアンダーシードやホワイトペッパーのノートが広がります。

アタックは直線的。味わいの中盤には豊かな風味が楽しめ、ローズウッド、洋梨、柑橘類、西洋サンザシのアロマがあらわれます。

後味にはミネラル感およびメンソール感があり、余韻は長く、瑞々しく、そしてエレガントです。

2012

ル・シャルドネ ドメーヌ・ド・バロナーク 2012

アッサンブラージュ 100% シャルドネ種

樽内育成 50% 新樽
50% 一回使用樽

テイスティングコメント

輝きのある光沢を持つ、高い明澄度のある外観。

複雑な濃い香り。白花系のブーケを感じさせ、エアレーションによってコリアンダーシードやホワイトペッパーのノートが広がります。

アタックは直線的。味わいの中盤には豊かな風味が楽しめ、ローズウッド、洋梨、柑橘類、西洋サンザシのアロマがあらわれます。

後味にはミネラル感およびメンソール感があり、余韻は長く、瑞々しく、そしてエレガントです。

2012年は、降水量(578ミリメートル)および気温(年平均13.3度)ともに平年並みとなっています。

寒さの厳しい冬に始まり、2月1日から15日の期間にはマイナス10度に至る気温の低下を記録しています。

3月は温暖な天候に恵まれました。シャルドネ種の萌芽は平年並みの3月26日から4月2日にかけて進みました。

春の降水量は多めで、4月には低温、5月には温暖な日が続きました。開花は平年並みの5月31日から6月5日にかけて観測されています。

夏の間の降水量は少なめではありましたが、定期的に降雨があり、8月はかなりの高温(平均気温23.3度)を記録しています。

着色は7月30日に始まり8月8日に完了。

収穫作業は良好な天候の中で行いました。

CLOSE
CLOSE