2018 年


2018年7月、ドメーヌ20周年を記念して、フィリップ・セレイス・ド・ロスシルドおよびロスシルド一族は、新たに樽育成・熟成庫を整備しました。同育成庫の建設を後押ししたのは、ハイクオリティ・ワインにふさわしい生産ツールを望む強い思いに他なりません。理想的環境下での育成・熟成、そしてブドウ畑からボトルへと詰めるまでの完全なる品質管理。ロスシルド一族所有の他地域ワインと肩を並べる、高品質ワインの生産に最適な設備です。


CLOSE
CLOSE